コンピュータ産業研究会(第249回)

オンライン開催のご案内

---

(仮)「スタートアップスタジオ」構想が変える

日本の起業文化

小林 泰平(こばやし・たいへい)

株式会社Sun Asterisk 代表取締役

日時:20201119日(木)19:0020:15

場所:Zoomによるオンライン開催

---

249回研究会開催のご案内

 

コンピュータ産業研究会の皆様

標記研究会を下記のとおり開催いたしますのでご案内申し上げます。

今回も、Zoomによるオンライン研究会とさせていただきます。

オンラインですので、あまり長時間の視聴は飽きるかと思いますので

講演を45分、質疑を1530程度とさせていただきます。

 

参加者を把握するため、参加ご希望方は 1116日 までに

必ずご連絡くださいますようお願いいたします。

参加連絡をいただいた方に、後日Zoom会議室のURLを送付いたします。

 

なお、参加費は無料とさせていただきますが

GBRCの会員に登録していただければありがたく存じます。

 

出席のお申込みは20201116日(月)までに

akeyama@mmrc.e.u-tokyo.ac.jp までお知らせください。

 

       記

 

【日時】 2020 1119日(木)19:0020:15

 

【報告者】 小林 泰平(こばやし・たいへい)

      株式会社Sun Asterisk 代表取締役

 

【テーマ】(仮)「スタートアップスタジオ」構想が変える日本の起業文化

 

【要旨】

テクノロジーやインターネットインフラの発展により、様々な社会課題の

解決を目指す新しいサービスやスタートアップが急速に増加しています。

また、それらの活動をサポートする、ベンチャーキャピタル(VC)や

アクセラレーター、インキューベーターなどさまざまなイノベーションの

創出に向けた支援の形があるなか、世界的に「スタートアップスタジオ」

という新たな支援モデルが注目されています。

Sun*スタートアップスタジオではこれまでに、国内外問わず15社へ

出資し、グローバルなスタートアップエコシステムの構築、企業成長を

促進しています。本講演では、「スタートアップスタジオの取り組み」を

中心に、これまでの実績を踏まえながらお話させていただきます

【プロフィール】

小林 泰平(こばやし・たいへい)

早稲田実業高校を中退後、ホームレスをしながらのバンド活動を経て

新宿のクラブに勤務。

その後、ITエンジニアとなりソフトウェア開発会社に就職。

ソーシャルアプリの開発プロジェクトにて中国、ベトナムのエンジニア

とのグローバル開発を経験。

アジアの若い才能が未来を創っていくと確信、20127月より

Framgia(現Sun*)の立ち上げのためベトナムに移住しCOOとして従事

201712月より同社の代表に就任。

 

[共催]

GCLプロジェクトインキュベーション機構/東京大学ものづくり経営研究センター

[参加費] 無料

GBRCネット会員登録の手続きなどについてご不明な点などございましたらご連絡下さい。GBRCのネット会員(個人準会員 年会費10,000)は、

GBRCのオンライン・ジャーナル『赤門マメジメント・レビュー』への論文の投稿

GBRC主催・共催の講演会・セミナー等の受講料の軽減

といった特典が受けられます。 よろしくお願い申し上げます。

http://merc.e.u-tokyo.ac.jp/shintaku/comken/

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

249回(20201119)コンピュータ産業研究会 出席票

いずれかに印を付けてください。

□一般 □東大学生 □他大学学生 

□GBRC会員 □MMRC関係者 □GCL関係者

お名前:

ご所属:

※お申込メールへの返信はしておりません 。定員に達した場合のみ、

お申込メールに返信いたします。予めご了承ください。